通学時に活用出来る防犯グッズ紹介

通学 防犯

子どもの通学時の犯罪が増えてきている状況の中で、防犯グッズを持たせるのは、もはや当たり前のこととなってきています。代表的なものですと、防犯ブザーがあります。音の大きさが100db以上、簡単に警報が止められないこと、防水仕様であることは、選ぶ際に必ず確認すべきポイントです。GPS機能のついたものも登場しています。キッズ携帯やキッズスマホは持っているだけで位置確認ができるほか、電話やメールも特定の相手としかできないようになっており、不必要な使い過ぎにならないよう考慮されています。ブザーもついており、防犯についても考えられた機能が付いています。GPSウォッチは時計型のGPS装置です。腕に付けられ、防犯ブザーを使用すると親にメールが送信されるようになっていたり、迷子防止機能がついていたりと多機能です。他にもありますので、比較検討し購入しましょう。

防犯グッズのメリットとデメリット

通学時の防犯グッズを持たせるとしても、どのようなものを選べば良いのか考えてしまいます。ブザーについてはいくつかポイントを述べましたが、ブザーとGPSのメリットとデメリットを確認しておきましょう。防犯ブザーのメリットは持っているだけで防犯の抑止力になる点です。使い方も簡単で、気軽に付けられます。逆にデメリットは、音を出して遊んでしまうことがあるため、本当に危険なときにわからないことがあるということです。またかなりの音ですので、誤動作等で近所迷惑になることもあります。キッズ携帯等、GPS機能をもったグッズのメリットは、なんといっても位置が確認できる点です。いざというときに連絡がとれるのも良い点です。デメリットは抑止力にはならない点、月額料金がかかるものがある点、学校が使用を禁止している場合がある点です。使い方も含め、子どもも含めて良く話し合い決定しましょう。

通学時の防犯対策のポイントを考える

通学時の防犯といっても、当然グッズを持っていれば安心というわけにはいかないでしょう。まずは子ども達自身の意識を高める必要があります。それができて初めてグッズも有効になってきます。できるだけ多くの友人と登下校する。知らない人にはついていかない。危険を感じたら大声を出し、走って逃げる。防犯グッズを身に付ける。この4点は当たり前のようなことですが、何度も子どもと話し守らせましょう。子どもと一緒に通学路を歩き、危険な場所、意識しなければならないところを確認すると良いです。あわせて安全な場所も確認しておきまましょう。また、決められた通学路を守るということも重要な点です。決められた通学路は防犯対策が立てやすく、トラブルが発生した際にも学校や警察が速やかに行動に移すことができます。子どもだけでなく、教える大人も意識を高くもっておきたいところです。