小学生でも簡単に使える通学防犯グッズ紹介

通学 防犯

昨今、お子さんが犯罪などのトラブルに巻き込まれる悲しい出来事を耳にします。残念ながら誰にでも起こりうる可能性があるため、決して他人事とせずしっかりとした防犯対策が求められます。特に小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが毎日登下校の際に利用する通学路について詳しくご存じでしょうか。またお子さんに危険が迫った場合、どのように対応行動するのか事前に確認しておく必要もあります。危険から大切なお子さんを守るには、まず保護者が通学路を点検し交通量の多い地点やトラブル地点を知ると共に空き家や無人駐車場など危険な場所などをピックアップしましょう。最近、小学校によっては入学時に、生徒一人ひとりに防犯ブザーを支給しランドセルなどに装着を促しています。このように防犯対策には通学路の危険対応と防犯ブザーなどグッズを用いた自己防衛が考えられ、効果を発揮します。

通学時のお子さんを犯罪から守ってくれる防犯グッズ

お子さんが登下校の際、最も注意しなければならないことは知らない人から声をかけられた時です。通学路にはさまざまな危ない場所があり不審者も出没します。特に小さなお子さんを狙った犯罪は、通学中の小学生に声をかけるケースが多いと言われています。そのような時、お子さんの身を守るおすすめの対策グッズは、防犯ブザーと考えます。ブザーを鳴らす方法は、本体に装着されているひもを引く又はボタンを押すだけです。お子さんでも簡単に使用できますからランドセルに装着しておきましょう。ブザー音はとても大音量で連続鳴り響き周囲に危険を知らせます。ランドセルの見えるところに防犯ブザーが付いていると犯罪抑止にもなりますからとても重要です。その他、ランドセルカバーに防犯ブザー携帯と記されたステッカーを貼り、不審者に行動を起こさせない対策も効果が期待できます。

通学路の危険から身を守る防犯対策

毎日、お子さんが登下校で使用する通学路には、たくさんの危険が潜んでいます。そのため通学路の防犯対策を講ずるなら、通学路の危険箇所を正しく知ることとお子さん自身が危険な場所に立ち寄らないことです。考えられる通学路の危険と対策ですが、まず横断歩道や交差点は要注意です。最近では車だけでなく側道を走る自転車にも注意するよう教えておかなければなりません。次に車道の歩行路線を歩く場合、下を向いて歩かないよう徹底しておくべきです。危険な場所である空き家、空きビルには絶対入らないこととコインパーキングや管理人不在の立体駐車場も犯罪に巻き込まれるリスクが高いので立寄らないようにすべきです。そして人通りの少ない路地や夕方から夜間の公園もお子さん一人で行かないようにします。いざという時の駆け込み先を決めおくことが重要です。コンビニや美容室など必ず人の居るところに駆け込むよう決めておきましょう。