通学時のオススメ防犯グッズ紹介

通学 防犯

集団での登下校や、地域の人たちの見守りなど、色々な対策を講じて子供達の通学をより安全で楽しいものにするべく頑張っていますが、どう工夫しても「ひとりになるタイミングと場所」を完全に避けることはできません。その一瞬の不安を取り除くため、通学時に防犯グッズを携帯させている保護者の方も少なくないでしょう。携帯している子供が操作するシンプルなものから、警備会社が見守りに加わるデジタルグッズまで幅広く提供されています。通学距離や時間にかかわらず必要とされる防犯グッズは、「とりあえず持たせておく」ではなく、「いざとなったら必ず役に立つ」ものとして、その特徴と長所短所をしっかりと見極め購入したいものです。お子さんの通学時の状況に合ったアイテムを選んであげて下さい。そのために、一度通学路を家族で歩いて確認したり、防犯について話し合ってみることもおすすめします。

通学時に使用する防犯グッズの選び方

子供に防犯グッズを携帯させても、その使い道や使用用途に対しての理解が乏しければ、上手く活用できません。また、防犯グッズ云々の前に、指定された通学路で登下校しなかったり防犯意識が低かったりすれば、どんな安全対策を施したとしても、取り返しのつかない事態を招いてしまう結果に繋がりかねません。緊急時や非常事態の時は、大人でも冷静に対応することが困難です。日ごろから、家族間で通学時の防犯対策に関する共通意識を高め、安全に登下校できるようルール作りをすることも大事です。その上で通学時の安全を確保するのに適した防犯グッズを持たせてあげましょう。子供が携帯するものなので、操作性・耐久性・機能性に優れたグッズを選んであげましょう。子供が操作するタイプのグッズは、必ず見本品があるお店で購入してあげて下さい。実際に触れて確かめることが大事です。

通学時以外の防犯対策もしっかりと

年齢が上がるとともに、その行動範囲も広がります。生活の変化(交友関係や塾通い等)が、子供の安全を担保しにくくする場合もあります。通学時の防犯ブザーは有効でも、その他の行動時には効力を発揮しにくいようであれば、活動場面によって防犯対策を変えることも必要です。警備会社が運営する屋外向けの見守りサービスなら、GPS機能で位置情報の確認ができ、通学時の防犯対策の他にも、塾や習い事、友達と遊ぶ時間の安全サポートに心強いシステムです。もちろん、防犯グッズを持たせるだけで安心安全の確保とはなりません。日ごろから、通学路の防犯対策を地域や家族でしっかりと考え、子供達が安全に登下校できる状態を作ることが先決です。楽しい通学ができるよう家族の愛情と防犯グッズで子供さんをサポートしてあげましょう。

見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! お子さま1人、通知先1箇所で月額制となっており、比較的安価なサービスとなっております。 ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 電車通学の防犯はまもレールで!!